の記事では「懲戒解雇の事例」をご紹介します。

人事コンサルタントの内海正人さんが著書『今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・辞めさせ方』で解説している内容をもとに編集しています。
【著者】内海正人 人事コンサルタント。日本中央社会保険労務士事務所 代表。

懲戒解雇とは

具体的な事例の前に、懲戒解雇とは何かを簡単に確認しておきましょう。

懲戒解雇とは

懲戒解雇とは、重大な規律違反の場合に行う解雇のことです。

懲戒解雇の解雇理由

懲戒解雇の理由には、次のようなものが考えられます。

  • 経歴詐称
  • 職務怠慢
  • 業務命令違反
  • 職務規律違反
  • 私生活上の非行
  • 無断欠勤
  • 横領
  • 暴力行為
  • セクハラ

詳細:懲戒解雇とは?解雇理由や手続きについて解説

「協調性の欠如」による懲戒解雇の事例

ここからは、具体的な事例を確認していきましょう。

社員に協調性が著しく欠如している場合、「職務規律違反」「業務命令違反」などにより懲戒解雇とできるケースがあります。

テレビ朝日サービス事件 東京地裁 平成14年5月

  • 社員Aはささいなことから興奮し、上司や同僚を傷つける発言をする
  • 上司から注意されても反省しない
  • Aは刃物を使い、初対面の人に傷害を負わせた
  • 会社は懲戒解雇とした

Aはこの処分を不服として裁判を起こしたのです。この事件は明らかにAが悪いのですが、それでも裁判が起これば、対応せざるを得ません。当然ですが、裁判になれば会社はお金、時間、労力を浪費するのです。

裁判所の判決「懲戒解雇は有効

結果、裁判所は次のような判決を出したのです。

  • Aがいると業務に支障が出る
  • Aの懲戒解雇は有効

この裁判では、協調性以外の部分も重要な判断要素となっています。ただし、協調性の欠如がこの事件の大きな引き金です。

対策案などの詳細は『協調性がないことは懲戒解雇の理由になるのか?』をご覧ください。

「経歴詐称」による懲戒解雇の事例

多くの会社の就業規則では学歴、職歴、犯罪歴などについて、嘘(詐称)の申告をしたら、懲戒解雇と書かれています。

経歴の詐称には、次のような影響があります。

  • 会社と社員の信頼関係を壊す
  • 配置や昇進の判断が揺らぐ
  • 本来、社員になれない人が入社したので、企業秩序が乱れる

だから、懲戒解雇となってもやむを得ないのです。

炭研精工事件 最高裁 平成3年9月

  • 「大学中退」であった本人は、「高校卒」と履歴書に記載して応募
  • 社長の面接を受け、採用される
  • 入社後に経歴詐称が発覚
  • 会社は「学歴詐称」を理由として懲戒解雇

そして、この処分に納得がいかない本人は裁判を起こし、最高裁までいったのです。その結果、次のように判断されました。

裁判所の判決「就業規則の懲戒解雇に該当

  • 大学中退の学歴を隠したこと = 就業規則の懲戒解雇に該当
  • 大学中退なら採用しなかったので、重大な経歴詐称になる

つまり、「大学中退」と「高校卒」は違うという意味なのです。さらに、学歴詐称に関しては、

  • 最終学歴を高く詐称しても、
  • 最終学歴を低く詐称しても、

関係ないということです。だから、いずれの場合も懲戒解雇にできるのです。もちろん、これは学歴だけではなく、経歴全般に関して言えることです。なぜならば、学歴、職歴、犯罪歴などの経歴は、

  • 人事評価
  • 採用
  • 配属

に直接かかわる重大な事項として判断しているからです。

対策案などの詳細は経歴詐称による懲戒解雇は可能か?をご覧ください。

「社員の失踪」による懲戒解雇の事例

兵庫県社土木事務所事件 最高裁 平成11年7月

  • 社員が多額の借金を抱え失踪
  • 2ヵ月後に無断欠勤を理由に懲戒免職
  • 妻に懲戒免職の処分通知書を渡し、県広報にも掲載

しかし、家庭裁判所で不在者財産管理人が選任され、

  • 懲戒免職は本人に通知されていないので無効
  •  「県広報にも掲載 = 通知」とする法的根拠はない
  • 退職金は定年まで在職したものとして支払われるべき

と主張し、争うことになったのです。

裁判所の判決「懲戒免職は妥当」

その結果、最高裁は「懲戒免職は妥当」としたのです。つまり、兵庫県側が勝ったのです。

この裁判では、「家族への通知」や「県広報への記載」がポイントとなりました。ちなみに、最高裁の前の高等裁判所では「社員側の勝訴」でした。その内容は、次のような結果です。

  •  「県広報に掲載 = 通知」とする法的根拠はない
  • 定年退職金に相当する約2000万円の支払い命令

しかし、兵庫県側が「最高裁で逆転勝訴」を勝ち取ったのです。このケースでのポイントは、「失踪に関する退職の条件を事前に決めてなかった」ということです。決めてあれば、争うこともなく決着していたのです。

対策案などの詳細は失踪社員の解雇対応についてをご覧ください。

「遅刻」による懲戒解雇の事例

「遅刻」に関しては、懲戒解雇が認められた列と認められなかった例の2つをご紹介します。

高知放送事件、S52年1月 最高裁

あるアナウンサーが遅刻して、2回ほど番組に穴を空けました。そして、そのために解雇されました。このことが裁判になり、最高裁までいったのです。

裁判所の判決「解雇は重すぎる」

結果は、「解雇は重すぎる」という判決でした。「解雇の理由」と「処分の重さ」のバランスが悪いので、「解雇は無効」となったのです。

東京海上火災保険事件 H12年7月 東京地裁

ある社員は、何度も遅刻を繰り返していました。注意しても改善されません。当然、他の社員からも不満が出ました。そして、会社は解雇し、本人が裁判を起こしました。

裁判所の判決「解雇は有効」

結果は、「解雇は有効」となったのです。「注意し続けたのに改善されなかった」がポイントとなったのです。

2つの判決について

この2つの判決から考えられるのは、「解雇の理由」と「処分の重さ」のバランスです。

  • 軽い理由なのに処分が重い 解雇は無効
  • 軽い理由でも繰り返される 解雇は有効

ということです。

対策案などの詳細は遅刻による解雇をご覧ください。

さいごに

 この記事では、内海正人さんの著書より「懲戒解雇の事例」についてご紹介しました。

以下の記事では、解雇に関する法律や具体的な手続きについて解説しています。解雇の進め方について知っておきたい方は、是非参考にしてみてください。

マネジメントクラブアイコンマネジメントクラブWEBメディア【解雇に関連する記事】

 

 

今すぐ売上・利益を上げる
上手な人の採り方・辞めさせ方


上手な人の採り方・辞めさせ方

トラブルにならない、減給、解雇。会社を伸ばす、昇給、採用。 本書では、年間150社を救う人事労務の超プロが、経営者、人事、労務担当者に向け、採用、退職、リストラについてリアルな実例と法律をもとにわかりやすく述べていきます。

AMAZONで見る