この記事では「解雇の種類と手続きの進め方」をご紹介します。人事コンサルタントの内海正人さんが著書「今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・やめ方」で解説している内容をもとに編集しています。

解雇に関する法律や手続きを知ることで、人材とのトラブル防止を目指しましょう。

内海正人

人事コンサルタント。人材マネジメントや人事コンサルティング及びセミナーを業務の中心として展開、現実的な解決策提示を行う。

解雇とは

解雇とは退職と異なり、有効に存在していた労働契約を会社から一方的に解約することです。一方的に解約されると、社員は路頭に迷うかもしれません。なぜなら、社員は会社から毎月もらう給料で生活しているからです。よって、一方的な打ち切りで生活を脅かされては、安心して生きていけません。

そのため、解雇については労働基準法でいろいろな制限が加えられ、社員、労働者の保護を図っているのです。

解雇には3つの種類がある

まず、解雇には3つの種類があります。それは「普通解雇」「懲戒解雇」「整理解雇」です。

普通解雇は、労働契約の契約を継続しない事情により解雇を行うことです。つまり、「懲戒解雇」「整理解雇」以外の解雇のことです。

懲戒解雇は、社員が服務規律に違反し、懲戒処分の1つとして行われる解雇です。

そして、整理解雇とは、リストラのことです。経営上の理由により、人員整理のために行うことです。

解雇 3つの種類
普通解雇
労働契約の契約を継続しない事情による解雇。
懲戒解雇
社員が服務規律に違反し、懲戒処分の1つとして行われる解雇。
整理解雇
経営上の理由により、人員整理のために行う解雇。リストラ。

法律で決められた「解雇を制限している」事由

さらに、解雇の手続きは、法律で決められた「解雇を制限している」事由に該当するかどうかの確認が必要です。

解雇の制限が発生する事由には、次のような法律があります。

  • 労働基準法
  • 男女雇用機会均等法
  • 育児介護休業法
  • 労働組合法

それぞれ、解雇の制限について以下のように記載されています。

労働基準法による制限

・仕事の影響により病気やけがとなり、休職している期間とその後30日
・産前産後の休職している期間とその後30日
・国籍、信条などによる解雇
・労働基準監督署等に「垂れ込んだ」ことを理由に解雇

男女雇用機会均等法の解雇制限

・女性であることを理由とした解雇
・女性社員が結婚、妊娠、出産したことを理由とする解雇

育児介護休業法の解雇制限

・社員(男性含む)が育児介護休業を申請または取得したことを理由とする解雇

労働組合法の解雇制限

・労働組合の組合員であることを理由とする解雇
・労働組合に加入、または組合を結成しようとしたことによる解雇
・不当労働行為の申立、または証拠を提出したことを理由とする解雇

解雇するための手続き

解雇予告は退職日の30日前までに

辞めてもらう日(つまり退職日)から30日前に解雇予告を行わなくてはなりません。方法は口頭でも書面でもどちらでもOKです。しかし、トラブル防止のためには書面の提出がいいでしょう。また30日前というのは、予告した当日は含まれません。

例えば、11月30日に辞めてもらいたい場合は、遅くとも10月31日までに解雇予告を行わなければなりません。そして、予告をする場合は、具体的に解雇をする日を決めないとできません。

それと、解雇予告後、社員が「解雇理由の証明書」を請求したときは、証明書を発行してあげないといけません。

解雇予告を行わなくても辞めてもらう手段

また、解雇予告を行わなくても辞めてもらう手段はあります。

「解雇予告手当」を渡して辞めてもらう方法です。その日に解雇を実施したいのであれば、即日に平均賃金の30日分以上の解雇予告手当が必要になってきます。

解雇予告と解雇予告手当の併用

さらに、解雇予告と解雇予告手当の併用も可能です。

たとえば、10月31日の解雇を10月の20日に予告をしました。このような場合は、解雇の日(10月31日)から解雇の予定日までの19日分の解雇予告手当を支払えばいいことになります。

解雇手続きのポイント
・解雇予告は退職日の30日前までに行う(予告した当日は含まれない)。
・「解雇予告手当」を渡せば、30日前の解雇予告を行わずに辞めてもらうことができる。

まとめ

 この記事では、内海正人さんの著書より「解雇の種類と手続きの進め方」についてご紹介しました。

解雇を行う場合には、労働基準法をはじめとした様々な法律が関わってきます。十分に知識を身につけ、きちんとした手続きを踏むことで、余計なトラブルを防ぐことができるはずです。

以下の記事では、今回ご紹介した3種類の解雇を行うときに気を付けたいポイントを詳しくご紹介しています。通知書の絵をどこかに入れたい

書籍『今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・やめ方』では、今回ご紹介した内容の他にも人材に関するテーマついて、リアルな実例と法律をもとにわかりやすく解説しています。

自分一人でビジネスを発展させるには限界があります。会社を築いていく上で、社員は大切なパートナーです。パートナーの選び方について、不安や疑問を抱く方は、是非チェックしてみてください。

今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・辞めさせ方
トラブルにならない、減給、解雇。会社を伸ばす、昇給、採用。 本書では、年間150社を救う人事労務の超プロが、経営者、人事、労務担当者に向け、採用、退職、リストラについてリアルな実例と法律をもとにわかりやすく述べていきます。Amazonで書籍の詳細を見る。