この記事では「経歴詐称による懲戒解雇」についてご紹介します。人事コンサルタントの内海正人さんが著書今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・辞めさせ方で解説している内容をもとに編集しています。

目次

  • 経歴詐称で解雇はOKか?
  • 懲戒解雇に関する事例
  • 経歴詐称の予防策
  • さいごに

内海正人

人事コンサルタント。人材マネジメントや人事コンサルティング及びセミナーを業務の中心として展開、現実的な解決策提示を行う。

経歴詐称で解雇はOKか?

先日、ある会社の社長から相談を受けました。新入社員が経歴を偽っていたことが発覚したとのこと。具体的には、「大学中退」だったのに、履歴書には「大学卒業」と書かれていました。そして、今回の採用条件は「大学卒業」だったのです。

この場合、経歴詐称を理由に解雇しても問題ないでしょうか?

社員を採用する場合、応募者は履歴書を提出します。そして、そこには学歴、職歴などが記載されています。当然ですが、応募者は経歴について真実を告げる義務があります。

また、多くの会社の就業規則では学歴、職歴、犯罪歴などについて、嘘(詐称)の申告をしたら、懲戒解雇と書かれています。

経歴の詐称には、次のような影響があります。

  • 会社と社員の信頼関係を壊す
  • 配置や昇進の判断が揺らぐ
  • 本来、社員になれない人が入社したので、企業秩序が乱れる

だから、懲戒解雇となってもやむを得ないのです。これに関して、参考になる判例があります。

懲戒解雇に関する事例

炭研精工事件 最高裁 平成3年9月

  • 「大学中退」であった本人は、「高校卒」と履歴書に記載して応募
  • 社長の面接を受け、採用される
  • 入社後に経歴詐称が発覚
  • 会社は「学歴詐称」を理由として懲戒解雇

そして、この処分に納得がいかない本人は裁判を起こし、最高裁までいったのです。その結果、次のように判断されました。

裁判所の判決「就業規則の懲戒解雇に該当

  • 大学中退の学歴を隠したこと = 就業規則の懲戒解雇に該当
  • 大学中退なら採用しなかったので、重大な経歴詐称になる

つまり、「大学中退」と「高校卒」は違うという意味なのです。さらに、学歴詐称に関しては、

  • 最終学歴を高く詐称しても、
  • 最終学歴を低く詐称しても、

関係ないということです。だから、いずれの場合も懲戒解雇にできるのです。もちろん、これは学歴だけではなく、経歴全般に関して言えることです。なぜならば、学歴、職歴、犯罪歴などの経歴は、

  • 人事評価
  • 採用
  • 配属

に直接かかわる重大な事項として判断しているからです。

ただし、採用、昇給、昇進等に学歴が関係ない会社の場合、経歴詐称は懲戒解雇になりません。このような会社の場合、本人の能力次第で昇給などが決まります。だから、経歴詐称の「現実的な問題」は起きないからです。

しかし、今回の相談のケースは、次のようなものです。

  • 採用条件は大学卒
  • この会社は大学中退や高校卒の採用実績なし

つまり、今回のケースは「本当は不採用」だったのです。だから、「経歴詐称は懲戒解雇」となるのです。

経歴詐称の予防策

具体的な経歴詐称の予防策は、

  • 卒業証明書の提出
  • 社会保険等の履歴の調査
  • 就業規則に経歴詐称に関する罰則の記載

を行なうのです。こうすれば、一定の防御策にはなります。

ただし、100%の予防策はありません。

また、最近の傾向では、「派遣社員だったのに、正社員と記載する事例」もあります。す。最終的には、本人の人柄が大切ですが、嘘をつくような社員を採用したい会社はありません。最低限の書類は確認するようにしましょう。

さいごに

 この記事では、内海正人さんの著書より「経歴詐称による解雇」についてご紹介しました。

今すぐ売上・利益を上げる、上手な人の採り方・辞めさせ方
トラブルにならない、減給、解雇。会社を伸ばす、昇給、採用。 本書では、年間150社を救う人事労務の超プロが、経営者、人事、労務担当者に向け、採用、退職、リストラについてリアルな実例と法律をもとにわかりやすく述べていきます。Amazonで書籍の詳細を見る。