企業にとって従業員は大切な存在です。それゆえに、従業員が会社を辞めていくことに悩んでいる経営者の方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、岩松正記さんが著書経営のやってはいけない! 増補最新版で解説している「従業員はすぐやめる存在だと思うべき理由」をご紹介します。

岩松正記

税理士。東北税理士会仙台北支部所属。山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員、税理士事務所勤務を得て、10年間に転職4回と無一文を経験後に独立。開業5年で102件関与と業界平均の3倍を達成し、現在は紹介のみを受け付けるスタイルで活動している。

従業員はすぐやめる存在だと思うべき理由

従業員を一生面倒みるつもりですか?

残念ながら、従業員はすぐ辞める存在です。経営者は、そう考えて接していなければなりません。

この意見に反論する人に問いたい。「従業員を一生面倒みるつもりですか?」と。

恐らく、大部分の経営者は、この問いに対する答えを用意していません。全く考えていないというより、想像できないといった方が正しい。しかしこれは決して非難されることではなく、そこまで頭が回らないのが普通であって、仕方ないことなのです。

従業員も不安を抱えている

経営者自身も一生従業員の面倒をみる覚悟があるかどうかわからないのだから、従業員の方だって自分の人生を預けられるかどうか、不安に決まっています。それなのに、辞める従業員に対して恨みつらみを持つというのはどうかしている。そんなのは経営者の身勝手に過ぎない。

雇われている人は、今の会社を辞めたら別の会社に行くだけ。しかし経営者はそうはいきません。選択肢が無いのですから、自ずと仕事に対する考えも姿勢も厳しくなるのは当たり前。しかし、勤め人は決してそうはなりません。それなのに、「経営者である自分の考えを理解しない社員がおかしい」とかいうのは間違い。従業員が経営者の代わりをすることなど不可能です。

だからといって、従業員をぞんざいに扱え、ということではありません。

誰が抜けても組織がまわる仕組みを作らなければならない

従業員は辞める存在であることを前提に、仕事の流れや仕組み、組織のあり方を考えなければならない、ということです。

もっと簡単にいえば、1人が欠けても代替が効くように常々準備しておく、ということ。特定の人物に業務が集中してその人材がいなくなってしまったら組織が回らなくなるなどということのないよう、経営者は常に注意しておかなければなりません。それこそが社長の仕事、社長の役目であると言っても過言ではないでしょう。

人を雇うということは重大なことですが、あまり思い入れても仕方がない。

本当に残念なことなのですが、割り切って付き合わなければ、経営者の肩の荷はいつまでたっても下りることはないでしょう。

これが中小・ベンチャー企業の実情なのです。

まとめ.スムーズな組織作りが重要

この記事では、岩松正記さんの著書より「従業員はすぐやめるという意識を持たなければならない理由」をご紹介しました。

従業員は「雇われる側」であり、いついなくなってもおかしくありません。そのために経営者は会社を存続させるべく、特定の人材に頼りすぎない組織作りをしなければならないのです。

人材管理に限らず、企業経営において必要なマインドを知るのは重要なことです。『経営のやってはいけない! 増補最新版』(岩松正記 著)では、今回ご紹介した内容の他にも、経営にとって知るべきマインドセットを「マネジメント」「取引」「人事・労務」など、9つの視点からご紹介しています。

会社経営に関わる方はぜひ本書をご活用ください。

『経営のやってはいけない! 増補最新版』
本に書かれているような成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!この本を読めば、中小・ベンチャー企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。 Amazonで書籍の詳細を見る。

書籍の詳細を見る

※Amazonの商品ページに飛びます。