この記事では、「リーダーシップとは何か」を解説します。

人材育成・組織開発コンサルタントの三浦将さんの著者『才能スイッチ』で解説している内容をもとに編集しています。
【著者】三浦将 株式会社チームダイナミクス代表

リーダーシップとは

リーダーシップとは、「ここではないどこか」に導く力です。

その「どこか」とは、チーム全体が「本当に行きたいところ」です。その本当に行きたいところに向かって進む上で発揮する力が、リーダーシップです。

大事なことは、「リーダーシップはリーダーだけのものではない」ということです。

考えてみてください。リーダーだけが、その「どこか」に向かう力を発揮しているチームと、チーム全員が発揮しているチームと、どちらが強いでしょうか?

もし、あなたが対戦するとしたら、チームの勝利が、リーダーだけの責任だと思っているチームと、チーム一人ひとりが「自分たち全員の責任だ」と思っているチームと、どちらが手強そうでしょうか?

リーダーシップの本質は、役職や権限に関係ない

リーダーというのは、リーダーの立場にある人のことをいいます。

運動部のチームでいえば、監督から「今日からお前はキャプテンだ!」といわれれば、リーダーとなります。しかし、その立場、肩書きが変わっただけで、その人自身がその瞬間に大きく変化したわけではありません。おそらくキャプテンではない頃からリーダーシップを発揮していたからこそ、リーダーに指名されたのだと思います。

つまり……、

リーダーシップの本質は、役職や権限とはまったく関係がない

ということなのです。

個人という単位で見ても、「ここではないどこか」を明確にし、それに向かって日々研鑽しているかどうかで、未来は大きく違ってきます。これは「自分自身へのリーダーシップ」を持っているかどうか、ということなのです。そして、自分自身へのリーダーシップを発揮し、自分自身をその人生の主人公にしっかりと位置づけている人が、人生を切り開いてゆくのです。

リーダーシップはチームの状態によって変わる

リーダーシップというのは、チームの状況や状態(コンテクスト)によって変化させて行くべきものです。チームの現在の能力や、チームメンバー同士の関係性、そのチームが取り組んでいる仕事の性質などにより、最適なリーダーシップは変わってきます。

チームの状態にあったリーダーシップについては、事例から学ぶ「チームの状態にあったリーダーシップ」とはで、具体例とともに詳しく解説しています。

さいごに

この記事では、三浦将さんの著書より「リーダーシップとは何か」について解説しました。記事の内容をさらに知りたい方はこちらの本をお読みください。

才能スイッチ


才能スイッチ

『才能スイッチ』では、今回ご紹介した内容の他にも、自信を身につけ「潜在能力」を発揮するための具体的な方法が解説されています。著者が実際に行った研修の事例なども交えた分かりやすい内容です。

AMAZONで見る

 

三浦将

株式会社チームダイナミクス 代表取締役http://www.teamdynamics.co.jp
著書『自分を変える習慣力』『相手を変える習慣力』(クロスメディア・パブリッシング)の習慣力シリーズは、累計20万部を突破。他に『人生を変える最強の英語習慣』(祥伝社)『一流の人が大切にしている 人生がすべてうまくいく習慣38』『「できる自分」を呼び覚ます一番シンプルな方法』(PHP研究所)がある。

Facebook:shoma.miura Twitter:@Shomamiura

 

この著者に
あなたのお悩みを相談する

マネジメントクラブでは、ビジネス書の著者と連携して企業の問題解決をサポートします。この本の著者にお悩みを相談してみたいという方は、以下のフォームよりお申込みください。
※著者の方とのコンタクトをお約束するものではございません。

 


【出典】三浦将.
才能スイッチ