昨今、採用動向は活況なので、中小・ベンチャー企業ではもちろんのこと、大手企業であっても自社が採用したいようないい人材は、他社も採用したいわけで、熾烈な人材獲得競争が繰り広げられています。

では、そんな人材獲得競争の中で、いい人材を集めるためには何が必要なのでしょうか?

この記事では、株式会社ミライフ 代表取締役 佐藤雄佑さんが、著書『いい人材が集まる、性格のいい会社』で解説している「いい人材を集めるために必要な2つの視点」をご紹介します。

佐藤雄佑

株式会社ミライフ 代表取締役。
リクルートエイブリック(現在のリクルートキャリア)で、法人営業、支社長、人事GM、エグゼクティブコンサルタントなどを歴任。MVP、MVG(グループ表彰)などの表彰多数受賞。2016年、株式会社ミライフ設立。働き方変革事業、戦略人事コンサルティング事業などを展開している。株式会社ミライフ

いい会社について「志望理由」から考えてみる

いい人材が自社に応募してくれるためには、どうすればいいか。まずは志望理由から考えてみます。新卒であれ、中途であれ、何かしらの想いがあって、応募してきます。ただ単にお金のためという人もいますし、家から近いところがいいという人もいます。やりがいという人もいれば、社会貢献や自己実現という人もいます。

自社が採りたい人材が、何を考えて会社を選ぶか

大事なのは、「自社が採りたい、いい人材が会社選びのときに何を考えて会社を選ぶか」です。例えば、会社の規模、ブランド、給与、安定性などと言っているとしたら、大手企業と真正面から戦っても勝ち目はないかもしれませんし、そもそもそういう人を中小企業が採っても失敗します。私は敢えて大手企業じゃなくて、中小・ベンチャー企業に入る理由はいくつもあると思ってますが、特に「若くても責任ある仕事、やりたい職務をさせてもらえて成長できる」、「社長・経営と近いところで仕事ができる」、「顔が見える規模なので会社がアットホーム」という3つが多いです。

これからは変化の時代なので、若いときからいろいろチャレンジさせてもらった経験は何より貴重です。経営者になりたいのであれば、若いうちから経営者の近くで仕事をすべきです。それを提供しやすい中小企業はやっぱり採用上の武器を持っていると思っています。この3つの軸を中心に、自社の強みをつくっていく、そして発信していくことがいい人材が集まるうえで大事だと思います

いい会社について「退職理由」から考えてみる

前の会社と同じだと思われたら応募してくれない

志望理由の次は退職理由です。候補者が前職を辞め、次に自社に応募してくれるということは、前職の退職理由が、自社に来ることで叶うからです。つまり、応募者の方に、自社も前の会社と同じだと思われたら応募してくれません

一方で、その点が叶うのであれば応募してくれる可能性が高まります。志望理由をつくっていき、他社よりも素晴らしい会社だとアピールする攻めのアプローチは、会社・事業レベルの取り組みになるので意外に難しいのですが、この負を払拭していくという守りのアプロ―チは、意識次第で、できることがたくさんあります。

退職理由の上位であるポイントを解消する

例えば、リクナビNEXTという求人サイトの特集で、退職理由のホンネランキングベスト10という記事がありました。ここで掲載されている10個の理由を見てみると、1位の「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)」、2位「労働時間・環境が不満だった(14%)」、3位「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)」、4位「給与が低かった(12%)」、5位「仕事内容が面白くなかった(9%)」と続きます。この5つの理由で退職理由の70%以上を占めています。4位の給与に関しては、だから上げるというわけにはいかないかもしれませんが、少し括って1位と3位の「人間関係」、2位「労働条件」、5位「仕事内容」については、中小企業であってもいろいろと手を打つことができそうです

人間関係というのを職場環境と置き換えて、マネジメントや居心地のいい職場をつくることと考えればやれることはたくさんあります。

また、労働環境も1人の人が朝から晩まで働いて残業代を払うというモデルから、基本、定時の運用をして、その分、人を増やしたり、外部を使うなどのモデルも設計できます。仕事内容は大手に比べて、仕事を任すことができる(任さざるをえない)ので、ここは元々プラスの要素です。

こう考えていくと、退職理由の上位であるポイントを意思をもって潰しにいくだけでも、採用力は高まります

また、もちろん今、働いている人にとってもプラスですので、リテンションにもつながるとベストです。

(『いい人材が集まる、性格のいい会社』をもとに編集)

 

『いい人材が集まる、性格のいい会社』
「こんな会社で働きたい!」と思ってもらえる、マネジメントのしかけ。「働き方改革」「ダイレクトリクルーティング」「リファラル採用」などなど、これからの人材マネジメントの課題を解決するしくみが満載!Amazonで書籍の詳細を見る。