あなたは若手教育ができていますか? 何も教えなくても仕事をこなせる人は、そんなに多くはありません。あなたの教え方次第で、若手の成長度合いは格段に変わってきます。

そこでこの記事では、内海正人さんが著書『仕事と組織はマニュアルで動かそう』で解説している「ノウハウの共有方法」をご紹介します。

内海正人

人事コンサルタント
総合商社の金融子会社にて法人営業、融資業務、債権回収業務を行う。その後、人事コンサルティング会社を経て、株式会社船井財産コンサルタンツにて人事コンサルタント、経営コンサルタントとして、コンサルティング業務を行う。平成15年に日本中央会計事務所に合流、日本中央社会保険労務士事務所代表として現在に至る。

素晴らしい上司が教え上手だとは限らない

部下に仕事を教える際に、マニュアルがあるかないかで教え方とその効果が大いに変わってきます。まず、マニュアルがあなたが部下に伝える仕事の手順の大半を教えてくれることになるからです。「それでは、人がいなくていいのでは?」と疑問が起きるかもしれませんが、人が教えることにより、より臨場感が伝わり、仕事のメリハリを伝えることができるのです。

しかし、マニュアルがないと、上司が重要と考えたこと〝ばかり〟が強調されてしまうことがあります。そして、必ず伝えなくてはならない基礎的で重要なことが抜け落ちてしまうケースがあります。このような状況だと教わった部下も悲劇です。重要なことばかり印象づいてしまい、肝心なことが抜け落ちてしまうのです。

素晴らしい上司であっても、基礎が伝えられなければ部下を教育したことになりません。

しかし、マニュアルやチェックリストがあれば、上司が教えるポイントを一瞬でつかむことができます。それによって、基礎部分で確実に教えなくてはいけないところを漏らすようなことがなくなるのです。さらにそこから、自分自身で経験したことを基に色々なアレンジや生の情報を足し、より説得力のある教え方ができるのです。

「マニュアル」+「あなたの言葉」が部下の魅力を最大限に引き出す

この基礎を伝えることはもちろん、自分で強調したいことを伝えることにより、もっとも効率よく部下であるスタッフの魅力も最大限引き出すことが可能になるのです。

基礎であるベースの部分をマニュアルに委ね、そこからヒューマンエラーが起こりやすい箇所やもっと個性が発揮できる箇所などを伝え、教育し、現場で叩き込むと部下が伸び伸びかつイキイキと働くようになるのです。そしてゆくゆくは部下が育ち、その下のスタッフに伝承していくのです。

そのときもマニュアルベースでアレンジをかけていけば教えやすいし、自分が教わってきたことなので「いい流れ」が伝承されていくでしょう。

マニュアルを活用して業務を教えると、あなたもその瞬間から「名コーチ」となっていくでしょう。

まとめ マニュアルで教え上手に

この記事では、内海正人さんの著書より「マニュアルで教え上手になる方法」をご紹介しました。

このように、マニュアルを用いることで仕事の手順の大半を、洩れなく教えることができます。加えて、特に重要なところやその部下だからこそ伝えたいことなどを、自分の言葉で直接伝えることで、部下は大きく成長できます。

仕事と組織はマニュアルで動かそう』(内海正人 著)では、部下、自分、そして組織が成長するためのマニュアル活用法をお伝えしています。

もしかすると、あなたの仕事上の悩みは、すべてマニュアルが解決してくれるかもしれません。

『仕事と組織はマニュアルで動かそう』
本書では、日本全国の企業に引っ張りだこの人事コンサルタントの著者が、あなたの会社に合った業務マニュアルのつくり方から、マニュアルの活用方法を述べています。あなたの会社もマニュアルをつくり、効率的・効果的な仕事と組織をつくっていきましょう。Amazonで書籍の詳細を見る。