経営者としては「優秀な社員」はのどから手が出るほど欲しいものです。しかし中小ベンチャー企業にとっての本当に「優秀な社員」とはどんな人材でしょうか?

この記事では、岩松正記さんが著書経営のやってはいけない! 増補最新版で解説している「中小ベンチャー企業にとって「優秀な社員」とはどんな社員なのか」についてご紹介します。

岩松正記

税理士。東北税理士会仙台北支部所属。山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員、税理士事務所勤務を得て、10年間に転職4回と無一文を経験後に独立。開業5年で102件関与と業界平均の3倍を達成し、現在は紹介のみを受け付けるスタイルで活動している。

中小ベンチャー企業にとっての「優秀な社員」とは?

一般的な「優秀な社員」は採用できない?

「優秀な社員を採用できない」と嘆く経営者が非常に多い。

しかし、これを逆に考えてみるとどうでしょう。つまり、そもそも優秀な社員というのはどういう社員か、ということです。

たとえば、稼ぐ社員が優秀というのであれば、新規開拓をガンガンやる人、お客の支持を受ける人、いろいろあると思います。数字に強いとか責任感があるとか、社長の考えていることを先回りしてやってしまうとか、かゆい所に手が届くようなプレゼンをするとか、数え挙げればキリがありません。

優秀な人材は引く手あまた

でもよくよく考えると、そういう社員が今の自分の会社のような中小・ベンチャー企業に入ってくるでしょうか。そんなにできる社員だったら、今勤めている会社でもそれなりに評価されているはず。今の会社を辞めるものでしょうか。

もしくは、本当に優秀だったら、そんな人間は自分で会社を起こしてしまっているのではないでしょうか。

独立する人間は、一般には、仕事ができる人です。仕事ができる人間ほど「自分ならこうするのに」とか「自分だったらもっとできる」と考えるもの。今の評価に不満があったとしてもいきなり独立ということはなく、普通はまず転職を考えるものです。そうであれば、どうして好き好んで明日をもわからないような小さな会社に、そんな人間が入ってくるでしょうか。

もとよりどこからでも必要とされる人間であれば、今の会社でも評価が高いはず。評価が低ければ低いで、もっといいところに転職してしまうでしょう。

そもそも中小・ベンチャー企業に優秀な人材など来るわけがありません。その辺りは社長自らが自覚しなければダメです。自分のことを棚に上げて、欲しい人材のことばかりを望むのは酷な話です。

中小ベンチャー企業にとっての欲しい人材とは

ところでもう一度、そもそも社長にとって「優秀な社員」とはどんな社員なのでしょう。

社長以上に優秀な人間ですか? 社長と同じくらいの判断ができる人間ですか? 違うはずです。社長よりは下の人間、言いかえれば、社長に忠実な人こそが社長にとっての「優秀な人材」なのではないでしょうか。

中小・ベンチャー企業で望むべき人間、欲すべき人材というものを、今一度考えてみるべきでしょう。

まとめ.望むべき人材はどんなものか。

一般的な意味での「優秀な人材」が、中小企業やベンチャー企業に来る可能性はあまり高くありません。そもそも、中小ベンチャー企業にとっての「優秀な人材」とは一般的な意味での「優秀な人材」というより、「社長に忠実な人」とも考えられるのではないでしょうか。来るはずのない欲しい人材ばかりにとらわれず、自社にとっての「優秀な人材」の獲得を目指していきましょう。

雇用以外にも、企業経営においてムダにやってしまっていることは多々あります。『経営のやってはいけない! 増補最新版』(岩松正記 著)では、今回ご紹介した内容の他にも、経営にとって「やらなくていいこと」を実践的なノウハウを踏まえて多数ご紹介しています。

あなたが経営でやっていること、実は多くの「ムダ」があるかもしれません。本書で一度自身の経営を振り返ってみるのもよいのではないでしょうか。

『経営のやってはいけない! 増補最新版』
本に書かれているような成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!この本を読めば、中小・ベンチャー企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。 Amazonで書籍の詳細を見る。

書籍の詳細を見る

※Amazonの商品ページに飛びます。