この記事では、東大病院医師 森田敏宏さんが著書『東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方』で解説している、モチベーションが上がらない原因とその対策をご紹介します。

【書籍】『東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方
【著者】森田敏宏 
医学博士

モチベーションに大きく関わるホルモン「ドーパミン」

やる気の出るときと、出ないとき。科学的に見てその違いはなんでしょうか。そのキーワードは「ドーパミン」というホルモンです。

楽しいときや嬉しいときには、あなたの脳の中でドーパミンというホルモンが放出されます。そしてこのホルモンが、あなたのやる気を高めるのです。逆につまらない作業をするときにはドーパミンが出ません。このようなときは、だらだらとした作業で時間がかかってしまうのです。

このやる気のホルモン、ドーパミンがどのようなときに出るのか。そして、どうすればそれを意識的に出せるようになるのか? その仕組みと方法を考えていきます。

報酬をもらえるとドーパミンが出る

それでは、やる気のホルモンドーパミンの出る仕組みを見ていきましょう。あるとき、サルを用いた実験が行われました。ある部屋に、ついたり消えたりするランプとスイッチが設置されています。ランプがついたあとにボタンを押すとジュースがもらえる仕組みになっていますが、最初サルはそのことを知りません。

そして、たまたまランプのついているときにボタンを押してジュースをもらえると、サルは喜びます。このとき、サルの脳の中ではドーパミンが放出されているのです。人間もサプライズでプレゼントをもらったりすると、とても嬉しくなりますね。それと同じような状況です。プレゼントをもらったとたんに脳の中ではドーパミンが放出されます。やる気のホルモンを出す第一のポイントはズバリ、ご褒美なのです。

モチベーションを維持する「ご褒美予測効果」

「学習効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。たとえば、パソコンで新しいソフトを使うとき、最初はマニュアルを見ながら四苦八苦しますが、慣れてくるとスイスイできるようになりますね。 このように慣れることを「学習する」といいます。

人間だけでなく、他の動物も学習能力はあります。 サルもボタンを押してジュースをもらうことを繰り返すうちに学習するのです。ランプ → ボタン → ジュースという流れが読めるようになります。すると、サルの脳の中に変化が起こります。ランプが点滅した段階で、サルはジュースがもらえることを予測します。「ご褒美がもらえる」と思った瞬間にサルの脳の中でドーパミンが放出されるようになるのです。つまり、楽しいことを予測しただけでウキウキした状態になるのです。

子どものころ、遠足に行くのが楽しみで前日からウキウキしたり、大人も平日では早起きできないのに、休日のゴルフに行く日だけウキウキして早く目が覚める。こんな状態が「ご褒美を予測」した状態、脳の中であらかじめドーパミンが放出された状態なのです。

ご褒美がないとドーパミンは減る

さて、ご褒美を予測しただけでドーパミンが放出され、しかもそれはご褒美をもらえるまで持続します。これはなかなかすごいことだと思いませんか。何か作業をするときに、なんとなく漫然とやるのと「ご褒美がもらえる!」と思って始めるのでは、脳の中は全然違っていたのです。

しかし、ここでもう1つ大事なポイントがあります。「ご褒美がもらえる!」と思っていたのに、それがもらえない場合、それまで放出されていたドーパミンが一気に減ってしまいます。とたんにやる気を失うというわけです。ここでのポイントは2つです。

  • 人間(あるいは動物)は、ご褒美をもらえなくてもそれを予測するだけでやる気が出る。
  • しかし、ご褒美がもらえないとやる気が低下してしまう。

このような状況はあなたも心当たりがあると思います。一生懸命仕事をして、自分ではよくやったと思っていても、誰も評価してくれない。そのような状況が続くと、だんだんやる気が出なくなる……。何か身に覚えがありませんか?

ご褒美の60秒ルール

短期間で組織が変わる「行動科学マネジメント」

行動科学マネジメント研究所所長の石田淳さんが主催する行動科学マネジメントによると、ご褒美はなるべくすぐ、できれば 60秒以内に与えるのがいいそうです。これを石田さんは「ご褒美の60秒ルール」と呼んでいます。

しかし、毎回毎回たいそうなご褒美を出すことはできません。石田さんいわく、ご褒美とはそんなゴージャスなものでなくてもいいそうです。たとえばシール。1つの作業をこなすごとにシールがもらえる。シールがたまったら、もっとすごいご褒美がもらえる。

このようなシンプルな仕組みだけでやる気が違ってくるのだそうです。これは、先程のドーパミンが出るメカニズムと照らし合わせても、たしかに理にかなっています。サルの実験でも、ランプがついただけでサルはドーパミンを出すようになります。まだご褒美はもらっていないのにです。ということは、ご褒美は何でもいいということなのです。

いかにご褒美を楽しくイメージできるかが重要ということです。 そして、60秒ルール。ご褒美をすぐに与えるということが重要になります。

さいごに

記事の内容をさらに知りたい方はこちらの本をお読みください。

東大ドクターが教える、
やる気と集中力の高め方


東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方

AMAZONで見る