「一度袋を開けたらなくなるまでやめられない」「お腹いっぱいなのに何かほしくなる」「ダイエット中なのに甘いものが頭から離れない」……こんなふうに食欲に振り回されてしまうのは、あなたが「本当の味わい方」を知らないからかもしれません。プロボディデザイナーにして『一生太らない魔法の食欲鎮静術  食事瞑想のススメ(Business Life)』(クロスメディア・パブリッシング)著者の松尾伊津香氏に、一生太らないための食欲鎮静術についてお聞きしました。

こちらの記事は、WEBメディア『BUSINESS LIFE』の提供でお送りします。

松尾伊津香 Itsuka Matsuo

プロボディデザイナー、パーソナルトレーナー兼ヨガインストラクター
福岡県博多区出身。関西学院大学 文学部 総合心理化学科 卒業。アメリカ留学にてヨガ哲学やメディテーションを学び、帰国後は銀座でヨガインストラクターとして勤務。その後、全国50店舗以上展開のダイエット専門ジムShapes International の六本木本店店長兼スーパーバイザーに。

現在はプロボディデザイナーとしてきれいにやせるお手伝いをする傍ら、コンサルティングを通じて、食欲やリバウンドに苦しむ人たちの悩みと日々、向き合っている。自身も過食に苦しんだ経験から編み出した「食欲鎮静講座」をブログ「ヨガから学ぶダイエット」にて行い、好評を得ている。

「食べる」を変えないと一生痩せられない

——「食事瞑想」とは聞きなれない言葉ですが、どのような方法なのでしょうか?

松尾 「食事をおいしくいただく」ことで、「無理なく痩せて、一生太らない身体をつくる」ための方法です。「瞑想」というと小難しいとか、スピリチュアルな印象を受けるかもしれませんが、やることは「ただ、目の前の食事をおいしく味わう」――たったこれだけです。

「お腹いっぱい食べたい」「甘いものやお菓子など、好きなものを食べたい」……そんな気持ちを無理におさえつけるのは、つらいですよね。でも食事瞑想を始めれば、その必要はありません。つらい我慢や制限をせず、「腹八分目」でしっかり満足し、幸福感を感じることができます。

「そんな方法ありえない!」と思った方も多いでしょう。無理もありません。私はダイエットトレーナーとして、年齢・性別を問わず1000人以上の方々のダイエットをサポートしてきましたが、「ダイエットは我慢や制限を乗り越えてこそ」と思い込んでいる方がほとんどでした。ジョギング、ジム通い、糖質オフ、炭水化物抜き……世の中に出回っているダイエット方法は、なにかしらの我慢を強いられるものばかりですから、当然かもしれません。

けれど、そのようなダイエットに挑戦された方々のほとんどが、続けられなかったり、しばらくすると元の体重に戻ってしまう、あるいはダイエットする前以上に太ってしまう、といった失敗をされています。そして、「やり方が自分に合っていなかった」「今回は気合いが足りていなかった」「自分の甘えのせいだ」などと考え、また次のダイエット手法に飛びついては、同じ失敗を繰り返してしまいます。……かくいう私も、その一人でした。

――松尾さんご自身もダイエットに失敗したご経験があるのですか……?

松尾 はい。今でこそダイエットのプロとして働いていますが、小さい頃から人の何倍も強かった食欲に振り回されていました。朝食は3人前食べるのが当たり前でしたし、食事をしたあとに更にパスタを食べたりも……。食べ過ぎたら後悔し、ありとあらゆるダイエットに挑戦したり、ひたすら運動したりして、なかったことにしようとする。でも、この地獄からいつ解放されるんだ……と更に苦しむことになりました。しかも、年齢を重ねて代謝が落ちれば、いまよりもっともっとダイエットしなくちゃいけなくなる。このダイエットループに陥ってから、まず根本的な「食べる」ところから変えていかないといけないんだ、と気づいたんです。

松尾さん

食欲が暴走するのは、本物の味わい方を知らないから

——「食べる」を変えるとは、食事制限をするということではないのですか?

リバウンドしないダイエットに必要なのは、過度な食事制限ではないんです。大切なのは、「食べたい」という気持ちをコントロールする、つまり「食欲を鎮静する」ということ。食べても食べても満足できず、「食べたい」が暴走してしまうのは、「量」で満腹になろうとしているだけで、本当の意味で味わえていないからです。ダイエットの手法が自分に合っていないからでも、我慢や気合が足りないからでもありません。

まずは、「本物の味わい方」を知ってください。そして、おいしく食べてください。

そうすれば食欲は自然とおさまり、間食や食べ過ぎがなくなります。我慢も制限もなしで、きれいにやせられるうえに、二度と太ることはありません。

——具体的にはどのようなことを行うのですか?

まず、食べものを口に入れたら、自分の舌先で感じている味覚に集中すること。そして飲み込んだら、胃で感じている温かさと重みをしっかり受け取ること。たったこれだけなんです。

「舌先」の感覚を研ぎ澄ます

——「舌」ではなく「舌先」で感じる?

松尾 舌先、つまり舌全体の3分の2にあたる部分は、感覚器官が特に発達していて、味覚をより強く受け取れるところです。むしろ舌先以外、舌奥の神経は運動や知覚にも通じているため、かえって味覚を感じにくくなっています。本当に食べ物を味わおうと思ったら、「舌全体」というよりも「舌先」で味わうことがポイントです。
舌先で味わい、味覚に最大限フォーカスしていく方法を覚えると、自分を客観視できるようになり、食欲が落ち着いていきます。ひとくちで感じる美味しさと幸福感が格段に上がるので、お腹と同時に心も満たすことができます。これが、「量で満腹ではなく味で満足する食べ方」です。

それから、舌先にものをあてて食べると、噛む回数が圧倒的に増えるんです。試しに、次のステップをやってみてください。

①唾を口の中に溜めて、舌の様子を観察してからごっくんと飲み込む。
(このとき、その舌の動きを覚えておく。)

②今度は舌先を前歯で噛む。
舌先が動かないように固定し、そのまま唾を飲み込む。

1と2を比べてみると、2のほうが唾を飲み込みにくく感じませんでしたか?

何かを飲み込むとき、私たちの舌は勝手に奥に引っ込むようにできています。これは小さい頃から何万回と行ってきたことで体に染み付いた無意識の動き。とくに意識せずとも自動的にそうなってしまう、クセです。

食べ物を口に入れたらすべて飲み込む、という無意識のクセが、味わう機会を損ない、食欲を暴走させる原因をつくっているのです。

舌先に食べ物をあてて食べるように意識することで、この悪しきクセを治すことができます。なぜなら、舌先で食べ物を味わおうと意識することで、舌先が自然と前に伸び、それに合わせて舌の奥の部分も一緒に前に伸びるために、食べ物を飲み込めなくなるからです。

以下のようなステップで食べてみてください。

①食べ物を口に入れて奥歯で噛んだら、
②すぐに舌先の方に持っていく。
③そして、舌で味を感じながら食べ続ける。

決して歯の動きを止めろというのではありません。「舌先に食べ物があたっているな」ということを感じながら、食事を続けます。

実際にやってみると、ひとくちで食べ物の味がふわーっと広がっていくのがわかると思います。だいたいの方が、「今までと同じものを食べているはずなのに、ごはん1杯、米1粒が、格段においしく感じる!」と驚かれます。舌先にものをあてて食べると、唾液と食べ物が混ざるため、味の濃さや旨味をより強く感じるなど、食事の度に新しい発見ができるようになるのです。

この工程がなく口の奥だけで食べ物を咀嚼していると、食べ物が唾液と混ざらないので、塊のまま飲み込むことになります。「しっかりおいしく味わった」という満足感を得られないばかりか、固形物が喉を通過していく感覚が飲み込む快感を増大させ、食べることがやめられなくなってしまうんです。

松尾さん

「胃」の重さと温度を感じる

——しっかりと満足感を得られることが大切なんですね。

松尾 心を満たす「味覚」の部分は舌が担いますが、体全体の満足感を担うのは「胃」ですね。食べものの持つ重さと温度によって、満足感のサインを出してくれます。胃は特殊な内臓で、感覚によって体の要求を伝える力が強いんですよ。空腹になったら「お腹減った」、満腹なら「もういらないよ」、っていうサインをしっかり出してくれるので、その感覚をいかに感じ取るか、ということが非常に重要になってきます。

寒い中で温かい飲み物を飲むと、胸の下で温かいものが止まる感覚があると思います。すぐにさーっと流れていくのではなく、一旦ぽかぽかしますよね。そこが胃の底なんです。だから、まず「胃はここなんだな」というのを感じてください。

それがわかってくると、食べものによる重さや温度の違い、「この食べものはほかと比べて胃で重くなるな」「あたたかくなるな」といったことがわかるようになります。胃の中で熱さや重さを感じやすいもののほうが、少量で満足感を得られますね。

たとえばホットティーとホットミルク。どちらも温かい飲みものですが、胃の中に入ると反応が全く変わってきます。ホットティーはすぐに胃の中で冷えてしまいますが、それに比べてホットミルクはずっと温かいんです。たとえ飲むときは温かくても、胃の中で冷えてしまったお茶は不快感を出してきますので、更に何かを胃に入れたくなってしまうことがあります。けれどホットミルクは長いあいだ胃を温かくしてくれるので、それだけ満足感を持続させてくれます。

食材によって温かくなりやすいものや冷えやすいもの、重さを感じやすいものがありますので、いろいろ試していただきたいです。

ダイエットの第一歩は食欲コントロールから

——では、食べるべきものや、逆に食べてはいけないものなどはありますか?

松尾 私は、基本的にどんな食べものも否定しません。まず食事瞑想で食欲をコントロールできるようになってから、食べものの質にこだわるようにしていただきたいのです。食事瞑想の効果を実感しやすいもの、実感しにくいものについては、書籍で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

ウェブで「ダイエット 食事」と調べれば、膨大な情報が出てくると思います。体に優しい食べもの、太りにくい食べものなどなど……。でも、結局「私の食べたいものはこれじゃない」「毎日食べ続けるなんてできない」ってなっちゃうと思うんですよ。だから、まず「どんな食べものでも適切な量で満足できる」っていう状態をつくってからはじめて、食事の情報を活かせるようになるんです。食欲をコントロールできるようになってきたな、胃も小さくなってきたな、という状態になってから、ダイエットを意識した食事内容に寄せていっていただければ、成果も出やすいと思います。

ジャンクフードなんかはいろいろなものが入っていますし、熱さや重さを感じ取るのが難しいんですけれど、「絶対に食べちゃダメ」ではないんです。食事の内容よりも、「一回の食事できちんと満足できる、ストレスを溜めない」っていうのがポイントです。

制限するのではなく、味わい方を変える

――心に体にもやさしいダイエット法なんですね。

松尾 食事瞑想は、「いろいろなダイエット法を試してみたけれど、まず食欲が抑えられない。食べすぎてしまう」という、根本的な部分で苦しんでいる人の“第一の壁”を取り払うものです。食欲が抑えられるようになったら、食事を変えてみたり、運動を取り入れたり、段階を踏んでいくとよいでしょう。

食べるのが好きだったり、ストレス発散になったりしている方って多いと思うんですよ。現代の生活で溜まりがちなストレスを代謝してくれるのも、食事の大切な役割です。それをつらい食事制限でシャットダウンしてしまうことで、ストレスを溜め込んで苦しんでしまう方をたくさん見てきました。ですから、制限するのではなく味わい方を変えて、食べることで心を満たすような方法にすれば、食べることの幸福をしっかり楽しみつつ、食べ過ぎや余計な間食を防ぐことができます。

何事も続けられない原因って、「つらい」「我慢」「しんどい」なんですね。私がお客様を見てきた中でも、食事制限など、忍耐が必要なものは慣れるのがとても難しいものでした。食事瞑想がなぜ続けられるのかというと、これを実践すれば一回の食事で満足できるので、つらさを伴わないからです。しっかり一口で満足して心を満たす、というところをベースにしているので、ずっと続けられる、生活もつらくないどころかハッピーになる。だからこそ、一生続けられるんです。

松尾さん

さいごに

記事の内容をさらに知りたい方はこちらの本をお読みください。

一生太らない
魔法の食欲鎮静術


一生太らない魔法の食欲鎮静術

この本は、「無理なくやせて、一生太らない体をつくる」ための方法を書いた本です。ただし、食べたいものを我慢したり、つらい運動をしたりする必要はありません。「一生太らないなんて大げさな」「我慢も運動もいらないなんて……そんな甘い話にはだまされない! 」そう思ったあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

AMAZONで見る

 

WEBメディア『BUSINESS LIFE』 とは

ビジネスパーソンの健康に役立つ情報を発信するWEBメディア。

WEBメディア『BUSINESS LIFE』では、「ビジネスパーソンが元気で健康的にはたらく世の中をつくる」というコンセプトのもと、ビジネスパーソンの健康に役立つ情報が発信されています。

BUSINESS LIFE を見る