大手企業と中小ベンチャー企業では、必要な人材像は異なります。

この記事では、岩松正記さんが著書経営のやってはいけない! 増補最新版で解説している「中小ベンチャー企業にとって必要な人材」をご紹介します。

岩松正記

税理士。東北税理士会仙台北支部所属。山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員、税理士事務所勤務を得て、10年間に転職4回と無一文を経験後に独立。開業5年で102件関与と業界平均の3倍を達成し、現在は紹介のみを受け付けるスタイルで活動している。

中小ベンチャー企業にとって必要な人材

中小企業で「意見する人」は命取りになりかねない

社長にとって理想の部下というのはどういう部下でしょう。

いろいろ思い浮かべることができるかと思いますが、結論からいうと、結局、使いやすい社員が良い社員。特に中小・ベンチャー企業では、社長の言うことを聞かない社員はどんなことを言っても不要です。

自ら考え行動する社員というのは、中小・ベンチャー企業には全く不要。社長の考えも聞かずに勝手気ままに行動などされたら困ります。従業員数千人の大企業ならそういう人材も必要でしょうが、従業員数5名の会社では、下手すると命取りになります。たった1名でも、数千分の1と5分の1とでは、自ずと重要性が異なります。

経営者なら自身がグイグイ引っ張ればいい

理想の社員とはやはり、まずは社長の言うことを聞いてくれて、社長の指示したことを忠実に実行してくれる社員ではないでしょうか。さらには決して文句を言うこともなく黙々と働いてくれる。社長や会社に対して不平不満も漏らさず、そして何よりも、安い給料でも我慢して勤めてくれる。そんな人が社長にとっては理想の部下ではないか。

随分勝手な言い分ですが、これこそが多くの中小・ベンチャー企業の経営者が望んでいる従業員の理想像に違いありません。

もし、確固たる意志や考えを持ち、時には社長にも意見するような社員がいいという経営者がいれば、それはそれで構いません。しかし、そんな社員はすぐに不平不満を言い出して辞めるのがオチ。

そもそも会社の運転資金も出さないで、会社の存在そのものである社長に意見する方がオカシイ。それを認める経営者はもっとオカシイ。従業員に意見を求める、もしくは従業員からの意見を認めるということは、自分の手腕に自信がない証拠。自分がまだ経営者として会社や組織をグイグイ引っ張っていくという自覚が足りないから、そうなるのです。早晩会社はおかしくなる可能性が高い。

社長の代わりはいらない

結局のところ、明るく元気な人がいい。当り前すぎる話なのですが、挨拶ができて気が利いて明るい、これに勝る人材はいません。中小・ベンチャー企業にあっては会社の趨勢を決めるのは社長の能力であり、個々の社員に求める仕事の能力などというのは意外とどうにでもなるものです。

逆に言えば、社長がする仕事以外の仕事は誰にでもできる。だからこそ、社長が使いやすい、気分よく付き合える社員こそが、会社には求められるのです。

会社が組織として欲するのは、社長の代わりができる社員ではありません。

まとめ.使いやすい社員こそ雇うべき

この記事では、岩松正記さんの著書より「中小ベンチャー企業にとって必要な人材」をご紹介しました。

中小企業で求められる人材とは、社長の言ったことを忠実に遂行してくれる社員なのではないでしょうか。つまり、中小ベンチャー企業にとって必要な人材とは、結局、社長自身が気分よく付き合える人だと言えるのではないでしょうか。

また、求める人材以外にも、企業経営においてを知るべき「人事・労務」のことがあります。『経営のやってはいけない! 増補最新版』(岩松正記 著)では、今回ご紹介した内容の他にも、経営にとって「やってはいけないこと」を、「人事・労務」以外にも「取引」「給与体系」など、9つの視点からご紹介しています。

本書には中小企業の経営者のための実践的なノウハウが詰まっています。一度手にとって見てください。

 

『経営のやってはいけない! 増補最新版』
本に書かれているような成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!この本を読めば、中小・ベンチャー企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。 Amazonで書籍の詳細を見る。

書籍の詳細を見る

※Amazonの商品ページに飛びます。