会社を継続・成長させていくためには、あなたの会社が「どのようなところと取引をしているのか」が重要になってきます。

そこでこの記事では、岩松正記さんが著書経営のやってはいけない! 増補最新版で解説している「企業が取引先を厳選するべき理由」をご紹介します。

岩松正記

税理士。東北税理士会仙台北支部所属。山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員、税理士事務所勤務を得て、10年間に転職4回と無一文を経験後に独立。開業5年で102件関与と業界平均の3倍を達成し、現在は紹介のみを受け付けるスタイルで活動している。

企業が取引先を厳選するべき理由

意外と重要な「内訳書」

金融機関から借り入れを行うようになると、必ず要求されるのが法人税の申告書。借り入れをしたいがためだけに、法人税申告書の作成を税理士に依頼してくる人もいるくらいです。

実際、運転資金や設備投資のために行う借り入れは、会社の命運を分けることがあります。だから法人税の申告は、単なる税金計算の意味だけでなく、会社の実状報告という、非常に重要な意味のあるものだと位置づけることができます。

その申告書の中で、あまり意識されていませんが、実はかなり重要な記載箇所があります。それは申告書に付けられている「内訳書」。特に、売掛金の内訳は重要です。

ここには、決算時点での売掛金の残高明細が記載されます。つまりは、自社の取引先の一覧が掲載されるということ。この内訳書・申告書を見るであろう金融機関に対し、積極的にアピールする場なのです。

優良会社や有名な会社との取引は、会社の信用につながる

起業してすぐに順調に事業拡大できるところには、取引先に恵まれているケースが多く見受けられます。

売掛金の明細とは将来の入金予定ですから、金融機関からすれば、これから融資しようとする会社がどのような会社と取引しているのか、そして資金回収が確実になされるのかどうかは大変関心の高いところ。

だから、ここに優良会社や有名な会社の名前が記載されていると、会社の信用にもつながるわけです。

どこと取引しているかは、起業したての経営者はあまり気にしないかもしれませんが、実は非常に重要なことです。だからこそ、詐欺師は自分で銀行に入金する際に大企業の名義で入金し、通帳に有名企業の名前を残したりします。

多くの会社がホームページに有名企業との取引実績をやたらと書き入れるのは、それを自社の信用に利用しようとする意味合いがあるのですね。

確実に販売代金を回収できるかどうか

優良取引先や大会社との取引というのは、そう簡単にできるものではありません。先方の審議をくぐり抜け、様々な取引条件をクリアしてやっと取引できます。

その困難さを多くの人は知っているからこそ、自分の取引先をホームページや自社の冊子に載せて世間での評価を高めようとするわけです。

そのくらい、自社がどこと取引しているのかは重要。取引先というのはこちらも向こうも選ばなければなりません。

倒産事例を見ると、入金予定が守られなくて資金に詰まるケースがほとんど。だからこそ、確実に販売代金を回収できるかどうかは、商売の維持存続に関わってくる重大な要因なのです。

ここを甘く見てはいけません。起業直後、取引先が少ない時などは特に気をつけるべきです。

まとめ

この記事では、岩松正記さんの著書より「企業が取引先を厳選するべき理由」をご紹介しました。

どのような会社と取引しているのかは、会社の信用度を左右し、世間での評価を高めることにもつながります。会社の存続・成長のためにも、取引先はしっかりと見極めて付き合っていきましょう。

『経営のやってはいけない! 増補最新版』
本に書かれているような成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!この本を読めば、中小・ベンチャー企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。 Amazonで書籍の詳細を見る。

書籍の詳細を見る

※Amazonの商品ページに飛びます。