企業を継続して成長させていくためには、顧客や取引先からの「信用」は欠かせません。

そこでこの記事では、岩松正記さんが著書経営のやってはいけない! 増補最新版で解説している「企業が信頼を築く方法」をご紹介します。

岩松正記

税理士。東北税理士会仙台北支部所属。山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員、税理士事務所勤務を得て、10年間に転職4回と無一文を経験後に独立。開業5年で102件関与と業界平均の3倍を達成し、現在は紹介のみを受け付けるスタイルで活動している。

企業が信頼を築く方法

カネに汚いことをしない

信用を築くにはどうしたらいいのでしょうか。

まず考えられるのが、納期等の約束を守る、裏切らない等々。しかし結局最後には、「カネに汚いことをしない」ということで落ち着くのではないでしょうか。

信用を無くす例として、お金を支払う際に値切る、支払いを渋る、そもそもの支払いを忘れるといった類いの行動。言い出したらキリがありません。キャッシュフロー的には「回収は早く、支払いは遅く」が健全経営の基本ですが、これも度が過ぎれば嫌われます。

払うものは払う、しかもキチンとあらかじめ約束した期日までに払う。これだけで相手からはちゃんと信用されます。いわば、信用をお金で買っているようなものです。でも、これが実はとても重要。払う段階になって値引きを求めてきたり支払いを延ばすよう頼んできたりするようなところと商売したいと思いますか?

もちろん、そうは言っても注意すべき点があります。払いがいい、何でもかんでもやみくもにポンポン払ってしまうというのは考えもの。そこは資金繰りをきちんと考えて払わないとタダのアホです。

支払先にだけ喜んでもらえても、そのために自分だけが苦しんでいたのでは商売をやっていくモチベーションにつながりません。

信用はカネで買う

つまるところ、商売は貨幣の交換で成り立っています。「相手の懐の中にある貨幣がこちらの手元に入った瞬間に粗利益が生じるのが商売」とは、ランチェスター経営の第一人者として有名な竹田陽一氏の言葉です。

お金が客先からこちらへ移動しない限り、商売は成り立たない。その対になるものは、商品やサービスだけでなく、信用も一緒に付いて回っているのだと考えるべきです。

だからこそ、信用はカネで買う。人がいいとか性格がいいというだけで商売が成り立たないのは、これがわかっていないからと言っても過言ではありません。

ただし、カネに汚いのと値段に厳しいというのは紙一重、微妙なところではあります。ユニクロ、ニトリなど、地方の一商店から超優良企業となった企業では、取引条件は厳しいが約束は絶対に守るということを徹底していると取引企業の経営者から聞きます。このことは、取引先からだけではなく、お客の信用を得るためにも必要なこと。厳しい市場の中でも成長していく、そして継続して利益をあげていくには、言うまでもありませんが信用は絶対不可欠です。

まとめ.信頼を築いていくこと

この記事では、岩松正記さんの著書より「企業が信用を築く方法」をご紹介しました。

お金に関わる約束をきちんと守ることは、顧客や取引先の信用を築くために欠かせない条件です。カネに汚いことはせず信用を築いていくことで、企業の継続的な成長を目指していきましょう。

『経営のやってはいけない! 増補最新版』
本に書かれているような成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!この本を読めば、中小・ベンチャー企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。 Amazonで書籍の詳細を見る。

書籍の詳細を見る

※Amazonの商品ページに飛びます。