定量的な社員満足度調査で組織の課題を把握する

1.5万人の調査データとの比較によって、「モチベーション」「ストレス」「教育」「風土」といった指標が平均よりも高いのか低いのかを算出します。調査結果をもとに組織・人材面における課題を整理することで、離職リスクを把握し、最適な対策を実施していくことができます。

発見された組織課題に基づいた施策の実行支援も可能です。実行支援は、当社グループのビジネス書出版社クロスメディア・パブリッシングにて書籍の執筆して経験を持つ、各分野のプロフェッショナルと連携して実施します。

資料ダウンロード

貴社の離職リスクを離職の三大原因とされる3つの指標から算出

人事・労務管理体制

従業員満足を維持する人事・労務管理体制が整備されているかを示す指標。

生産的な職場環境

生産性の向上や品質の維持が健全になされているかを示す指標。

内部統制

内部統制が有効に機能しているかを示す指標。

3つの指標に加えて主要満足度10指標を加えた72の測定項目から、貴社の離職リスクを算出します。

資料ダウンロード

分析レポートの例

従業員満足度分析

「基準値」とES調査対象企業従業員の回答データと比較分析が可能です。また、部門別など組織セグメント別に分析することもできます。

離職リスク分析

管理職と非管理職の比較分析を実施し、そのギャップを明確にすることが可能です。部門別など組織セグメント別に分析することもできます。

 

時系列分析

定点観測することで、組織の状況を常に定量的に把握することができます。